0

シャンプーで頭皮のニキビは本当に治る?おすすめのシャンプーは?

Posted by 7m08hZw5HtNL on 12月 13, 2015 in シャンプーについて

頭皮にニキビができるのは、食事やストレス、シャンプーなどが原因でターンオーバーが正常に行われなかったことが原因です。

よってその人の頭皮の状態に合わせてシャンプーを使えば、ニキビを治すことができます

参照元:頭皮のかゆみ対策の真実|その症状とフケには別の問題があった!http://touhi-kayumi.jp/

頭皮が乾燥している人は、ケラスターゼの「バンビオリチャージ」がおすすめです。

スパ由来の成分が配合されており、紫外線やドライヤーの熱によるダメージにも対応します。

頭皮がベタついている人は、皮脂を洗い流しすぎることが原因でかえって皮脂を過剰に分泌させています。

大量の皮脂と汗が混ざると嫌なニオイが発生したり、整髪料と組み合わさって雑菌が繁殖するのでニキビができます。

ベタつきを除去しても皮脂が再び出るだけでなので、べたつくことを抑えるシャンプーがおすすめです。

それがスカルプDの「オイリーセット」です。アミノ酸系洗浄成分を配合し、潤いをキープしながら皮脂を抑制しますニキビだけでなく、フケも一緒に出る人は乾燥が悪化している可能性があります。

この場合はフケの改善をすることで対処できます。

ポッシュの「ヘアケアシャンプーNS」は、タケノコ由来の成分やアマモ由来の成分など、全部で5種類の頭皮環境を整える成分を含んでいます。

33kdigq_ill35一般的なシャンプーは界面活性剤が使われ、本来必要とされる皮脂を除去してしまいます。

フケが出る人は界面活性剤に対して非常に敏感なので、保湿力が高いものを使ってケアします。

痒みが生じている人も、ニキビと一緒にケアできるシャンプーがおすすめです。

痒みは乾燥以外にも雑菌の繁殖が原因で引き起こされます。痒くなって頭皮を傷つけるとその部分がニキビになります。

「オーガニックシャンプーハーブガーデン」は、頭皮に優しいことが特徴で天然成分100%のアミノ酸シャンプーです。

ローリエやバジルなど7種類のオーガニックハーブウォーターを厳選し、痒みを根本的に解決するので、ニキビが再びできるのを予防できます。

 
0

リンスinシャンプーのメリット・デメリットと使わない方がいい人の特徴

Posted by 7m08hZw5HtNL on 12月 12, 2015 in シャンプーについて

リンスinシャンプーが始めて登場したのは1990年代前半のことで、斬新な商品だったので当時は話題になりました。

最近はノンシリコンなど他の商品が人気を集めているので目立つ商品ではなくなりましたが、必ず1本は店舗に置いてあります。

リンスinシャンプーのメリットは、洗髪を一気に終わらせることです。

髪の毛の汚れを落とすことと、ツヤを出すことを一度に終わらせるので、水や時間の消費が最小限に抑えられます。

朝シャワーを浴びる習慣のある人は忙しい時間に手軽に済ませられるアイテムとして重宝しています。また旅行の時に荷物がかさばらないので便利です。

普通は別々で使っている人も、外出先はリンスinシャンプーを使うので、ニーズは高いままです。

一方でデメリットもあり、それが髪の毛をしっかりと保湿できないことです。

一般的なリンスは使い続けるほど有効成分が浸透するので、髪の毛の傷みが解消されます。

しかしシャンプーの成分がそれを邪魔するため、浸透力が少し劣ってしまいます。

よって髪の毛が傷んでいる人は、使わないか別で洗い流さないトリートメントなどヘアケア商品で補う必要があります。

また洗髪する時は、髪の毛に潤いを与えることより綺麗に汚れを落とすことが優先されます。

リンスinシャンプーは丁寧に洗えば洗うほどリンスの油っぽい成分が頭皮に影響を与えます。

本来は頭皮に付けないようにするため、毛穴の汚れを取ろうと泡を揉み込むと薄毛になる可能性があります

油っぽい成分が毛穴に詰まって発毛を妨げ抜け毛を促進するためです。リンスにはシリコンオイルやポリマーなどのコーティング剤が入っています。

これらは吸着性が非常に高く、頭皮に付着するとなかなか水で洗い流すことはできません。

特に市販のものの多くが界面活性剤を配合しているので、強い洗浄力で頭皮に必要な皮脂を奪い、育毛に欠かせないタンパク質を破壊します。

よって薄毛が気になる人も使わない方が良いです。

 
0

サロンで使われているシャンプーと市販のシャンプーの違い

Posted by 7m08hZw5HtNL on 12月 11, 2015 in シャンプーについて

サロンで使用しているシャンプーと、市販のものには違いがあり、サロンや美容室で使用しているものは特別な種類のシャンプーなのです。

市販のシャンプーに配合されている成分の中でラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなどはコストを安く抑えることができ、強い洗浄力の成分です。ドラッグストアなどで販売している市販のシャンプーは強い洗浄力や、香り、手触りを重視する傾向もあり、髪の毛や頭皮に悪影響を与える場合もあります。

33kdigq_ill28サロンで使用しているタイプは、アミノ酸系洗浄成分のタイプを使用していることが多く、低刺激で髪の毛や頭皮に優しいのです。

サロンや美容室に行くと、サロンで販売しているシャンプーを勧められることがありますが、高額なため躊躇することもあります。

しかし、サロンで勧めるものは、それだけの良い効果が期待できるメリットもあります。

サロンのシャンプーは、市販のタイプに配合されていない髪の毛に良い効果がある成分が贅沢に配合されており、洗い上がりの髪の毛や頭皮のコンディションが良くなります

低刺激で、洗浄成分も高価なものが配合されていることが多く、髪の毛には優しいのですが、しっかりと洗うことができます。もともと美容師などが手荒れを軽減するために開発されたこともあり、製造コストがかかるため市販のものと比べて高価なものになっています。

ドラッグストアなどで販売されている市販のもので、ノンシリコンが良くてシリコンが配合されているタイプは悪い印象がありますが、実は美容院などで販売されているタイプにはシリコンが配合されているタイプもあるのです。

表示にシリカなどの成分が入っているものはシリコンタイプです。

シリコンには色々種類があり、サロンなどで使用しているシャンプーに含まれるシリコンは、水溶性でお湯でながせるため、髪の毛に蓄積することはなく、市販のものに使用されているシリコンは使うたびに髪の毛の表面に蓄積していくのです。

シャンプーを選ぶ際は、値段で選ぶのではなく、自分の髪の毛や頭皮に合ったものを使用することが一番良い選択で、ノンシリコンと表記があっても、配合されている成分を確認することが大切なことです。

 
0

シャンプーが原因で抜毛がひどくなることはあるのか?その理由は?

Posted by 7m08hZw5HtNL on 12月 8, 2015 in 抜毛の原因

シャンプーを使っていると、抜毛の多さに驚かされることがあります。

しかし、それは驚くほどのことではありません。

抜毛のほとんどは、洗髪のときに抜け落ちるからです。

また、洗髪が抜毛を増やす直接の原因ではありません
抜毛というのは、じつは何日も前から抜け落ちることが決まっています。

洗髪のときに抜け落ちているのは、すでに抜け落ちることの決まっていた髪なのです。

このようにして、髪は常に生え変わっています。

その一方で、シャンプーが抜毛に関与していることもあります。

その理由は、頭皮の皮脂にあります。

シャンプーは頭皮を清潔に保つための洗剤です。

頭の汚れとともに、べたべたした皮脂も取り除いてしまいます。

しかし、その皮脂は頭皮にとっては大切なもので、取り除くと頭皮はより多くの脂を分泌します。

33kdigq_ill3それによって頭がかえってべたつき、かゆみや抜毛の原因になってしまうのです。

つまり、大切なのは皮脂を溜めすぎないこと。

そして、皮脂を取り除きすぎないことです。

論外なのが、シャンプーを使わないことです。

その場合、頭皮を清潔に保つことができません。

頭には汚れと皮脂が溜まり、髪を傷めてしまう結果になります。

だからといって、毎日何回もシャンプーで洗うこともいけません

そうすると、頭皮の皮脂がなくなってしまいます。

そうなると頭を保護する機能がなくなり、人体は過剰に皮脂を分泌するようになります。

そして、すすぎも大切です。

髪を丁寧に洗わないと、髪にシャンプーが残ってしまいます。

これは髪を常に洗浄しているのと同じで、頭皮によくありません。

洗髪は短時間で構いません。
しかし、すすぎは長時間かけてじっくりと洗い流すようにしてください。

また、シャンプーの種類にも気を付けましょう。

刺激の強いものは洗浄力が高く、皮脂を過剰に落としてしまいがちです。

最近は頭皮にも気を使った、低刺激のシャンプーも多く販売されています。

現在使っているもので頭にかゆみを感じたら、低刺激のものを試してみるといいでしょう。

Copyright © 2016 シャンプーが原因で抜毛がひどくなることはあるのか?その理由は?

高度な注文方法